青空ハーブCBD

CBD, ヘンプ, 次世代健康認知改革

CBD

CBDオイル と CBDリキッドはどう違うの? それぞれのメリット&デメリットについて

CBDオイル と CBDリキッド  それぞれのメリット、デメリットを知ろう!

 

体に様々な有効な働きがあるという事で世界で大ブレイクしているCBD

しかし、このCBD、様々な商品、様々な用語があり、奥が深すぎて本当に混乱します。

今日は、数あるCBD製品の中から基本と言える「CBDオイル」「CBDリキッド」の違いにについて説明させていただきます。

一言で申しますと

「オイル」は液を経口摂取して、胃腸からCBDを吸収するもの。

「リキッド」は気化して気道から吸い込み、肺でCBDを吸収するものです。

 

CBDオイル

あらかじめCBD成分がベースオイルに溶けこんだ状態にあるもので、これを舌下投与したり飲料、飲食して使います。

CBDは、成分の純度が高くなると結晶化してしまうため、オイルに薄められています。

希釈に使われるオイルは、ココナッツオイル、ヘンプシードオイル、パームオイル、オリーブオイルなど、様々なものが使われますが、元々食用にされてきたオイルを希釈ベースオイルに使っていますので、違和感なく体に受け入れることが出来ます。

 

CBDオイルの使用法

 

CBDオイル容器のキャップにスポイトが付いていますので、それで吸い上げたオイルを適量、舌の下にたらします。

しばらくしたら(約2分)、飲み込みます。

この方法は、舌下投与と言います。

舌下投与の目的は、舌の下に発達している毛細血管から成分を吸収させることにより、効果が速く現れやすく、また初回通過効果(肝臓で成分が分解されて効能が下がる)を回避します。

このほかドリンクや食品にたらして摂取することもできますし、カプセルに入っていてそのまま飲めばよいものもあります。

CBDオイルのメリット、デメリット

メリット

CBDオイルのメリットはいくつかあるのですが、なんと言ってもその使いやすさです。

後でご紹介しますリキッドのようにデバイス(摂取するための器具)が必要ないというのは大きなアドバンテージです。

例えばカプセルに入っているオイルでしたら、場所を選ばずに摂取することが出来ます。

また、CBDオイルは既に多数の種類の製品が出回っていて、選択の幅も広いのが特徴です。

CBDオイルは、作用時間が長く一度の摂取で5時間から長い場合8時間ほど続きます。

デメリット

CBDオイルのデメリットは、濃度が濃いものほど苦みが増す傾向があり、人によりにがてと感じます。

しかし、フレーバー付きの商品も増えてきて、苦みが抑えられたものが出回るようになってきています。

 

そのほかのデメリットとしては、日本ではまだまだCBDの消費者が少ないために、他国よりもCBDオイル自体の値段が高めになっています。

今後、日本でのCBD人気が高まって行き、販売量が増えれば、販売価格も下降傾向にむかうに違いありません。

 

 

 

CBDリキッド

CBDリキッドは、電子タバコのような方法でCBD含有の液体を熱で気化して、肺に取り込み体に吸収させます。

CBDリキッドはCBD成分PG (プロピレングリコール)やVG (ベジタブルグリセリン)という成分に希釈し溶け込ませたものです。

PG は、麺類や餃子の皮、イカの燻製など、VG は甘味料、医薬品、化粧品などに使用され、既に私たちの生活に浸透している成分です。

CBDリキッドの使用法

リキッドを吸引デバイス(VAPE、ヴェポライザーなど)に装填し熱で気化させて吸引します。

CBDリキッドのメリット、デメリット

メリット

リキッドをヴェポライザーで吸引すると即効性があるのが特徴です。

前述のオイルでは、30分から1時間かかるのに対して、ヴェポライザーでは数分から数秒で体に作用します。

また、経口生体利用効率(最終的に体で作用する成分の割合)がオイルに比べ高いのが特徴です。

デメリット

リキッドを使用するにはデバイス(ヴェポライザーなど)が必要になりますが、これが思いのほかネックになります。

まずデバイス自体を購入する費用が必要ですが、購入時は種類が豊富すぎて初心者はどれを選んでよいか迷うところです。

また時々清掃や部品交換と言ったメンテナンスも必要です。

万が一故障した場合は予備のデバイスが無い場合は吸引できないという事も起こり得ます。

作用時間はオイル摂取に比べ短く、約2時間くらいと言われています。

 

結論(オイルとリキッドは、どちらが良いのか)

オイルとリキッド、どちらが良いのかは人により用途により変わる部分が大きいのです。

例えば、オイルは濃度が濃くなるほど苦(ニガ)みが増していきますが、リキッドのヴェイプ吸引でしたら逆に甘さを感じるので、それを好む人がいます。

また、人によってはオイルの苦みは気にならないけれど、それよりもリキッドに必要なヴェポライザーの管理や持ち運びがめんどくさいと感じるでしょう。

それぞれの長所、短所は人により感じ方が変わってきますので、自分に合った方法、または両方を使用して用途に合わせて使い分けるというのもよいでしょう。

 

 

よく読まれている人気記事

1

  CBD含有のカンナビスを愛用して結果を出していた栄光のスポーツスーパースター、アスリートたち   この記事は、ある方々にとっては少しショッキングな話になるかもしれません。 現在 ...

2

  コートニーさんのCBD体験談……まさか、こんな結果になるなんて!    関西在住のコートニー・クルストンさんが、CBDオイル初体験の様子をユーチューブにアップされています。 生 ...

3

CBDオイル と CBDリキッド  それぞれのメリット、デメリットを知ろう!   体に様々な有効な働きがあるという事で世界で大ブレイクしているCBD。 しかし、このCBD、様々な商品、様々な ...

4

  CBD(カンナビジオール)に関するよくある質問 、疑問Q&A    世界中で起こっている医療大麻の解禁旋風、皆様お気づきでしょうか。 アメリカでは既に90%の州(51州)で医療 ...

5

ジミー・カーターをはじめ、大麻で病気を克服した人々 大麻が様々な疾患に有効であるとのことから、アメリカ、カナダ、ヨーロッパの国々では大麻解禁が進んでいます。 今日は実際に大麻で病気を治した人々の報告サ ...

6

人には、過去にどんなに栄華を極めた時代があったとして、もどんなに億万長者になっても、老いと病はだれにも平等に訪れます。 3度のグラミー賞に輝いたスパースター オリビア・ニュートン・ジョン。 現在彼女は ...

7

 ここ数年、アメリカでは大麻合法化の強い風が吹いて、医療大麻はほぼ大部分の州で合法化されました。 アメリカではじめて医療大麻合法化に踏み切ったのはカリフォルニア州で1996年、すでに20年以上前のこと ...

-CBD

Copyright© 青空ハーブCBD , 2021 All Rights Reserved.