青空ハーブCBD

CBD, ヘンプ, 次世代健康認知改革

CBD

CBDの日本での使用は合法? カンナビジオールが日本で大丈夫な3つの理由

 

CBDは日本で使用して大丈夫です、問題ありません!……ただし

CBDは大麻草由来の成分であるために、「大麻=違法」というイメージが定着している多くの方にとって、「CBDは日本で使用して大丈夫?」「CBDは日本では違法ではないの?」という疑問が 上がるのは当然です。

答えから述べさせていただきますと

CBDは日本で使用して大丈夫です。

全く問題ありません。

理由は次の3つになります。

  1. 既に大手の小売り業が多数販売している
  2. 総理の奥様昭恵夫人が愛用している
  3. 茎、種から採取したCBDは違法にはならない

上の3つの理由を一つ一つ詳しく説明したあとに

「がしかし…日本でCBDを入手する際は注意点がある」

ので、それも最後にご紹介します。

 

理由➊ 既に多数の大手の小売業がCBDを販売しています

伊勢丹、楽天、ヤフーショッピングほか、コンプライアンス(法律遵守)に厳しい大手の小売り企業がすでに多数販売を行っています。

どの企業も法令順守に厳しい企業で、「法的に問題ない」という所属の法律専門家達のリサーチ結果によりCBD販売をスタートさせています。

例を上げていきます。

ネットショップ大手 楽天、ヤフー

楽天ショップ

 

ヤフーショッピング

 

大型販売店 伊勢丹、LOFT、ドン・キホーテ

 

販売商品⇩

渋谷店、銀座店、池袋店、梅田店、京都店

販売商品⇩

 

販売商品⇩


販売商品⇩

 

 

そのほかCBDを販売しているショップ、クリニック

 

 

理由➋ 安倍昭恵夫人がCBDを自ら購入、支持をしています

ヘンプ文化の可能性を見抜き、強く支持していることで有名な安倍昭恵首相夫人は、2016年に京都で開催された「京都ヘンプフォーラム」(国際麻環境フォーラム)に参加され、そこで出店していたElixinol 社の CBD 製品を購入されています

この時に昭恵夫人が購入されたのは次の品目です。

HEMP OIL 100(30ml)3,900円
HEMP OIL 300(30ml)9,800円
HEMP OIL 1200(120ml)25,800円
HEMP OIL 3600(120ml)54,800円

これらの製品には、それぞれCBDが30ml、30ml、120ml、120ml含有されています。

世界中の多くの著名人と親交の深い明恵夫人は、それら賢明な方々から、CBDは体に害がなく、大きな有効性が見込まれる成分である事実を知らされてCBDに目覚めたに違いありません。

普通の日本人なら「大麻草由来の成分=NG」と思考停止なまま頭から跳ねのけるところ

やはり、明恵夫人は凡人とは違い、物事の本質を見極める目を持ってられる。

日本の凝り固まった価値観のリスクを十分に承知した上でCBD支持を表明されている明恵夫人は、「未来の日本人の為の健康」のビジョンが見えている貴重な存在です。

 

理由➌ 茎、種子から採取されたCBDは違法になりません

日本の法律で禁止されているのは、大麻草の葉と花穂(花冠)が原料にされている製品です。

大麻取締法 第一条

この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

大麻取締法 第一条では、葉や花の部分はNGだけど茎や種子はOKという定義になっています

葉や花の部分茎や種子の大きな違いは何でしょうか?

葉や花の部分には、THCと言う成分が多く含まれてるのに対しして、茎や種子の部分はほとんどTHCが含まれていません。

THCと言うのは、精神の変容(いわゆるハイになる成分)をもたらすもので日本では「違法」に指定されています。

茎や種子から製造されるCBD製品にはTHCは含まれない物が殆ど(まれに微量含有されているものがあり注意)なのです。

 

しかし、日本でCBD製品を入手するにあたって少し注意が必要です

着目したい点は、日本では今までのところCBDに関しての逮捕者は出ていません

すでに膨大な量が販売され、消費されてきたにも関わらず逮捕者が一人も出ていないというのは、非常にポジティブなことです。

しかしながら、これからはそうもいかなくなるでしょう。

なぜなら、今後CBDの人気が高まりより多くの消費者が急増するにしたがって、その需要を埋めるために劣悪な品質商品が出回る可能性があります。

特に注意したいのが個人輸入商品です。

海外から取り寄せる商品の場合、たとえ純CBD商品と書かれていても違法成分であるTHCが混入しているものが出回る可能性があります。

何故かというと、既に嗜好用大麻が全面解禁になっている国では、CBD製品にたまたまTHC成分が混入したところで重罪にはなりません。

どちらも合法な成分なわけですので。

ですので、製造過程で管理が甘くなり、誤ってTHCが混入していても見過ごしてしまうという事が起こり得ます。(合法国のブランドすべてがずさんな訳ではありません)

もし、THCが混入してしまった物をたまたま購入し、検疫チェックでTHCが検出されてしまった場合は、輸入者は事情聴取され最悪の場合「起訴」されてしまう可能はあります。

ですので、CBDを購入する際、最も安全なのはすでに日本国内で販売している正規販売店を利用することです。

 

信頼できるブランド「ENDOCA」

日本でCBDを購入するのでしたら、安心して使えるブランド、信頼できる小売り業者を選ぶべきです。

ここでお勧めしたいのが「ENDOCA」社のCBD製品です。

「ENDOCA」社では製造した製品のバッチテストの結果をネット上で公開しています。

https://www.endoca.com/quality-reports

この結果を見ることで、購入した製品バッチにTHCが含有していない事が確認できるとともに、成分表(クロマトグラフィーチャート)からそのほかの含有成分の一覧や、有害成分(重金属)などが含まれていないということをチェックできます。

ENDOCA 信頼のTHC無混入 バッチテスト品

よく読まれている人気記事

1

  CBD含有のカンナビスを愛用して結果を出していた栄光のスポーツスーパースター、アスリートたち   この記事は、ある方々にとっては少しショッキングな話になるかもしれません。 現在 ...

2

  コートニーさんのCBD体験談……まさか、こんな結果になるなんて!    関西在住のコートニー・クルストンさんが、CBDオイル初体験の様子をユーチューブにアップされています。 生 ...

3

CBDオイル と CBDリキッド  それぞれのメリット、デメリットを知ろう!   体に様々な有効な働きがあるという事で世界で大ブレイクしているCBD。 しかし、このCBD、様々な商品、様々な ...

4

  CBD(カンナビジオール)に関するよくある質問 、疑問Q&A    世界中で起こっている医療大麻の解禁旋風、皆様お気づきでしょうか。 アメリカでは既に90%の州(51州)で医療 ...

5

ジミー・カーターをはじめ、大麻で病気を克服した人々 大麻が様々な疾患に有効であるとのことから、アメリカ、カナダ、ヨーロッパの国々では大麻解禁が進んでいます。 今日は実際に大麻で病気を治した人々の報告サ ...

6

人には、過去にどんなに栄華を極めた時代があったとして、もどんなに億万長者になっても、老いと病はだれにも平等に訪れます。 3度のグラミー賞に輝いたスパースター オリビア・ニュートン・ジョン。 現在彼女は ...

7

 ここ数年、アメリカでは大麻合法化の強い風が吹いて、医療大麻はほぼ大部分の州で合法化されました。 アメリカではじめて医療大麻合法化に踏み切ったのはカリフォルニア州で1996年、すでに20年以上前のこと ...

-CBD

Copyright© 青空ハーブCBD , 2021 All Rights Reserved.