青空ハーブCBD

CBD, ヘンプ, 次世代健康認知改革

カンナビス

マリファナの煙を吸わないでも効果を得られる6っの方法〈メリットデメリット〉

煙を吸引しないでもマリファナをエンジョイする6つ方法とそのメリット、デメリット

意外と多いのが、マリファナの煙が苦手と言う方。

独特の強い香りがありますし、吸った後に服に染みつくのがいやだという人も少なくありません。

また、タバコに比べるとニコチンが含まれていない分、気管への刺激はきわめて低いのですが、辛みのある品種などはそのままジョイントで吸うと咳こんでしまうことがあります。

ここでは、煙を吸わなくてもマリファナをエンジョイできる6つの方法をご紹介します。
 
 

日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。
このサイトの趣旨は、国内での無許可の使用を推奨するものではありません。

 
 

1.  ベポライジング(ヴェポライジング)

suwanakutemo mj tanosimeru6_8

最近非常にポピュラーになってきている摂取方法がベポライジングです。

ベポライジングとは、熱で成分を気化させて蒸気を吸引する方法です。

気化には専用の器具(ベポライザー)を使います。

気化させる対象物質は、専用のオイルを使うことが多いのですがマリファナの花などの現物を使うこともあります。

ベポライジングは、もともと医療用に開発されました。

末期患者の痛み緩和や科学治療の副作用(吐き気など)の軽減のために医療カンナビスを摂取するときに、葉っぱの燃焼時に発生する有害物質をカットする方法として取り入れられました。

この方法は沢山のメリットといくらかのデメリットがあります

ベポライジングのメリット

匂いと煙(この場合蒸気)がジョイントよりもかなり控えめなので目立たずに摂取できる

葉っぱを燃焼させるわけではないので、タールや一酸化炭素などその他の有害物質を含む煙はほどんど発生しない

気化された蒸気は刺激がほとんどなく、スムースに気管を通過し肺への負担は少ない

葉っぱを使用する場合、ジョイントよりも少ない量で良い

速攻で効果が表れる

ベポライジングのデメリット

専用オイルはわりと高価

器具を必要とし、それなりに管理も必要(器具が故障した時には吸引できない)
 

 

2. 飲食

suwanakutemo mj tanosimeru6_6

マリファナの花の部分や葉っぱの部分が含まれた食品も非常にバラエティーに富んでいます。

レシピも充実してきており、スウィーツ、ドリンク、料理をはじめ楽しみながら美味しくいただくことに多くの人々は熱意を燃やしています。

独特の葉っぱ(あるいは花)の匂いを目立たなくさせる調理方法も進化しています。

しかし、飲食でマリファナを摂取する方法にもやはりメリットデメリットがあります。

マリファナを飲食で摂取するメリット

ただ食べるだけ、ジョイントを巻く面倒はないし、道具の準備もいらない、とっても気軽。

時間をかけて楽しく美味しくいただいているうちにゆっくりジワジワ効いてくるのが特徴

効果は非常に長く続く

マリファナを飲食で摂取するデメリット

効果が出てくるのにかなり時間が必要(時に忘れたころにドスンときいてくる)

一旦効果が表れるとなかなか切れず、朝食べた場合夜になってもフラフラが治まらないことがあり、次の日に残ることもある

ドーズの調整が難しく、量の少なかった多かったがわかるのはずっと時間がたってからであり後からの調整はほぼ無理
 
 

3. 抽出オイル(経口摂取用)

suwanakutemo mj tanosimeru6_4

マリファナの有効成分(THC,CBD)が抽出されたオイルを経口で取るのは特に医療で見られる方法です。

ある意味味気のない摂取方法ではあるのですが、頻繁に摂取が必要な患者さんにとってはとても便利です。

しかし、やはりもっと情緒のあるやり方でオイルを摂取したい場合、料理やお菓子ドリンクに添加することも問題ありません

オイル経口摂取のメリット

水さえあればいつでもどこでも摂れる

医薬的に管理製薬されているものには安心感がもてる

人に気づかれずに目立たず摂取できる

オイル経口摂取のデメリット

THC,CBDは脂溶性と言うこともあり、この方法で摂取すると体内の脂肪部分に吸収されやすい、それにより体内停滞時間が長くなり、検査で陽性を出したくない場合には向いていない

摂取量を気をつけないと効きがパワフルなので行動が抑制される
 
 

4. チンキ

suwanakutemo mj tanosimeru6_1

チンキとは、濃度の高いアルコールにハーブを漬け込み、成分を抽出させた液体のことを言います。

カンナビス(マリファナ)チンキは、主に経口で摂取されます。

アルコールが含まれてしまいますが、アルコール分をとばしてから摂取することもできます。

昔々、まだアメリカでマリファナが違法とされる前、薬局や医療でこのマリファナチンキをいくらでも見ることができました。

カンナビスチンキのメリット

ハーブ(マリファナのバッズ部など)とアルコールがあれば、だれでも自宅で作ることができる

長期保存に適している(冷暗所で1年から2年)

オイル経口よりも効果が速く現れる

オイル経口よりもバイオアベイラビリティが高い(つまり吸収されずに体外に排出されてしまう割合が低い)

傷口に塗ったり用途を拡張できる

カンナビスチンキのデメリット

経口摂取で舌に乗せた時に、人により苦さや渋さ不味さを感じてしまう
 
 

5. ローション、バーム(軟膏)

suwanakutemo-mj--tanosimeru6_9

抽出された成分が含まれるローションやバーム(軟膏)も今や数えきれない種類が存在します。

使用目的は、気持を「ハイ」にさせるためではありません。

局所に直接塗ることで例えば関節の痛みや、筋肉痛時に最適です。

マラソンの後やマッスルトレーニングの後の筋肉疲労ケアに、そのほか可能性は大きく広がります。

ローション、バームのメリット

「ハイ」にならなくてよい、カンナビスの鎮痛効果だけを利用したい。という時に最適

局所に塗るので、限定的に使用できる

ローション、バームのデメリット

ベタつきウェット感を気にする人には向かない

ハイになることを期待しててもそうはならない
 

 

6. ダビング

suwanakutemo-mj--tanosimeru6_10

近年、急に発達し広がった新しい摂取方法です。

リグと言う器具を使用し蒸気を吸引します。

リグは見た目はボングとほとんど変わりありませんが、葉っぱをつめるカップがリグにはありません、代わりにネイルと呼ばれるものを装着します。

ボングは対象物(葉っぱやハッシュ)を燃焼させるのに対し、ダビング(リグ)ではバーナーなどで高温に加熱されたネイルに、マリファナから抽出濃縮されたワックス(あるいはシャッター)を乗せ、熱で一気に蒸発したその蒸気を水を通して吸い込みます。

非常に強力即効性があり、初心者には危険とまで言われています。

ある意味ハイテクな吸引メソッドです。

ダビングのメリット

マリファナベテラン者も焦るくらいの強烈な効きを得ることができる

純粋な成分だけを体に取り入れることができる

即効性がある(瞬時に効いてくる)

不純物が含まれないので肺に優しい

ダビングのデメリット

効き目が強烈すぎるので初心者には全く向かない

必要な道具、器具がいくつもある

濃縮ワックスはかなり高価

 

 

よく読まれている人気記事

1

  CBD含有のカンナビスを愛用して結果を出していた栄光のスポーツスーパースター、アスリートたち   この記事は、ある方々にとっては少しショッキングな話になるかもしれません。 現在 ...

2

  コートニーさんのCBD体験談……まさか、こんな結果になるなんて!    関西在住のコートニー・クルストンさんが、CBDオイル初体験の様子をユーチューブにアップされています。 生 ...

3

CBDオイル と CBDリキッド  それぞれのメリット、デメリットを知ろう!   体に様々な有効な働きがあるという事で世界で大ブレイクしているCBD。 しかし、このCBD、様々な商品、様々な ...

4

  CBD(カンナビジオール)に関するよくある質問 、疑問Q&A    世界中で起こっている医療大麻の解禁旋風、皆様お気づきでしょうか。 アメリカでは既に90%の州(51州)で医療 ...

5

ジミー・カーターをはじめ、大麻で病気を克服した人々 大麻が様々な疾患に有効であるとのことから、アメリカ、カナダ、ヨーロッパの国々では大麻解禁が進んでいます。 今日は実際に大麻で病気を治した人々の報告サ ...

6

人には、過去にどんなに栄華を極めた時代があったとして、もどんなに億万長者になっても、老いと病はだれにも平等に訪れます。 3度のグラミー賞に輝いたスパースター オリビア・ニュートン・ジョン。 現在彼女は ...

7

 ここ数年、アメリカでは大麻合法化の強い風が吹いて、医療大麻はほぼ大部分の州で合法化されました。 アメリカではじめて医療大麻合法化に踏み切ったのはカリフォルニア州で1996年、すでに20年以上前のこと ...

-カンナビス

Copyright© 青空ハーブCBD , 2021 All Rights Reserved.