青空ハーブCBD

CBD, ヘンプ, 次世代健康認知改革

医療大麻

「癌の痛みの制御にモルヒネから医療大麻にかえた理由」オリビア・ニュートン・ジョン

人には、過去にどんなに栄華を極めた時代があったとして、もどんなに億万長者になっても、老いと病はだれにも平等に訪れます。

3度のグラミー賞に輝いたスパースター オリビア・ニュートン・ジョン

現在彼女は、3度目の癌とのバトルの中にいることを明らかにしました。

彼女に乳がんが初めて見つかったのは1992年で、その時は彼女は病に打ち勝ちました。

しかし2013年にちょっとした自動車事故がきっかけでうけた診察で右の肩にシコリが見つかりました。

「これは私自身の人生のこと、病のことは自分の中にだけにしまっておくことにしました」

そう、彼女は自分の病気を世間に公表しない道を選びました。

しかし2017年、背中の骨にがんの転移が見つかった事を医師に告げられてから彼女の考えは変わりました。

彼女は過去の病気との戦いを含め全てを公表することに決めたのです。

 

大麻で痛みが消えた

彼女の癌との付き合いはもう27年もの月日がたっていて、癌と戦かっていると言うよりは一種のライフスタイルの一環のような存在になっていて、そんな彼女は最近、治療に医療大麻を取り入れるようになりました。

放射線治療を受けながらTHCCBDを摂取しています。

オリビアは60 Minutes Australiaの番組に出演しこのように話しました。

「医療マリファナを取り入れてから、これまでとは全く違う事がハッキリわかりました」

「もし、数滴の大麻成分を摂らないでいると、直ぐに痛みが戻ってきます、大麻は確実に痛みに効いているのです」

使用している大麻は、彼女の夫ジョン・イースターリングが自宅で栽培したものです。

彼女の住んでいるカリフォルニアは、2016年から医療大麻が合法、嗜好用大麻も2018年1月より完全合法になっています

初めて妻にマリファナを提供する前に、このような心境であったとイースターリングはこう話しています。

「大麻の効果には自信がありました、しかし心の奥底にわずかな不安(彼女に大麻が効くのかどうか)もあったことは確かです」

エンターテイメント界に嗜好ドラッグは当たり前に広がていたにも関わらず、オリビアにはマリファナを吸う習慣は全くありませんでした。

Image : RICHARD SHOTWELL/AP

 

私がいつ死ぬかを決めるのは医者ではありません

ステージ4と宣告された彼女は、「そうは簡単に死んでたまるか」と言う気持ちでずっとやってきて勝ち続けてきました。

「癌との激しい戦いを今まで人に話すことがなかったのは、その苦しみを思い出して話すことにより、人々の心の中にも苦しみを生み出してしまうからです」

また彼女はこう言っています。

「医師が私の余命があとどのくらいなのかを知っていることは分かっていますが、それには全く興味がありません」

「また、また私と同じ病で同じ進行度だった人がどのくらい生きたという統計にも全く興味がありません」

「私の命があとどのくらいかを決めるのは人間でも統計でもありません」

「もし、私たちがその数字を気にし始めると、高い確率でその通りに死んでいくでしょう」

 

モルヒネからマリファナに移行した理由

オリビアは痛み止めに使用していたモルヒネをやめ、マリファナに移行しました。

「マリファナの使用によりQOLが極めて向上しました」

痛み止めに使用していたモルヒネは、陶酔感が強すぎるため、日常的な生活をすることは困難と感じていました。

「私はモルヒネに支配される自分よりも、様々に日常の事をする本来の自分でありたいと思いモルヒネを止めました」

「痛みに関しては全く問題ありません、医療マリファナは安全で十分な痛み止めの効果を発揮してくれています

 

 

自らの癌研究機関を設立

彼女が子供頃に育ったオーストラリアメルボルンに彼女は「オリビア・ニュートン・ジョン癌研究センター」を設立しました。

彼女は、これまでに出演した映画で着ていた衣裳200点以上を2019年11月開催するオークションで売ります。

集まったお金(予想額3000万円超)は、自らの癌研究機関に寄付をします。

また、オーストラリアで医療大麻合法化を推し進める社会活動も熱を入れて行っています。

彼女にはすることがたくさん残っていて、あの世へ行ってる場合ではないそうです。

「私は絶対に癌に負けることはありません!」

 

記事出典
https://www.newshub.co.nz/home/entertainment/2019/08/olivia-newton-john-turns-to-marijuana-to-fight-cancer.html
https://www.stuff.co.nz/entertainment/celebrities/106954887/olivia-newtonjohn-battling-cancer-for-the-third-time?rm=a
https://www.newshub.co.nz/home/entertainment/2019/08/olivia-newton-john-turns-to-marijuana-to-fight-cancer.html
https://www.cbc.ca/radio/asithappens/as-it-happens-thursday-edition-1.5233062/olivia-newton-john-on-her-cancer-diagnosis-cannabis-and-selling-that-iconic-grease-outfit-1.5233066

 

よく読まれている人気記事

1

  CBD含有のカンナビスを愛用して結果を出していた栄光のスポーツスーパースター、アスリートたち   この記事は、ある方々にとっては少しショッキングな話になるかもしれません。 現在 ...

2

  コートニーさんのCBD体験談……まさか、こんな結果になるなんて!    関西在住のコートニー・クルストンさんが、CBDオイル初体験の様子をユーチューブにアップされています。 生 ...

3

CBDオイル と CBDリキッド  それぞれのメリット、デメリットを知ろう!   体に様々な有効な働きがあるという事で世界で大ブレイクしているCBD。 しかし、このCBD、様々な商品、様々な ...

4

  CBD(カンナビジオール)に関するよくある質問 、疑問Q&A    世界中で起こっている医療大麻の解禁旋風、皆様お気づきでしょうか。 アメリカでは既に90%の州(51州)で医療 ...

5

ジミー・カーターをはじめ、大麻で病気を克服した人々 大麻が様々な疾患に有効であるとのことから、アメリカ、カナダ、ヨーロッパの国々では大麻解禁が進んでいます。 今日は実際に大麻で病気を治した人々の報告サ ...

6

人には、過去にどんなに栄華を極めた時代があったとして、もどんなに億万長者になっても、老いと病はだれにも平等に訪れます。 3度のグラミー賞に輝いたスパースター オリビア・ニュートン・ジョン。 現在彼女は ...

7

 ここ数年、アメリカでは大麻合法化の強い風が吹いて、医療大麻はほぼ大部分の州で合法化されました。 アメリカではじめて医療大麻合法化に踏み切ったのはカリフォルニア州で1996年、すでに20年以上前のこと ...

-医療大麻

Copyright© 青空ハーブCBD , 2021 All Rights Reserved.